2008年12月31日

ウクライナ紀行

 現在こちらは12月31日の朝の8時。このままキシニョフで新年を迎えたいところですが、泊まっているホステルが遊びに来るルーマニア人の予約でいっぱいなので(昨夜までは宿泊客は私一人だったんですが)、これからルーマニアのヤシという街に向かいます。果たして大晦日にマキシタクシー(乗り合いワゴンみたいなの)はあるのか?ヤシの宿に空きはあるのか?不安でいっぱいですが、とりあえず行ってみます。今年も寂しい正月になりそうだ・・・。

IMG_2792.JPG
 新年とクリスマス(正教は1月7日)に備えて鮮やかにライトアップされたキシニョフの中心広場。ここで新年を迎えたかったなぁ。。。

 リウ゛ィウで会った人たちからウクライナ南部のことを書いてくれというリクエストがあったのですが、時間がないので写真メインでいきます。

Some of the people I met in Lviv requested me to write about my trip after I left Lviv. But, unfortunately I don't have enough time for that, as I am leaving Kishinyev in 30 minutes. So I just post some photos and let them speak for me.

IMG_2663.JPG
雪に覆われたリウ゛ィウの街。
Lviv from the High Castle.

PC230202.JPG
リウ゛ィウのメインストリートにある公園。
Snow covered park in Lviv.

PC210192.JPG
AndrianaとNatalia。リウ゛ィウでは彼女たちのアパートに1週間も泊めてもらいました。めっちゃキュートで親切な女の子たちでした。
Andriana and Natalia. Lovely girls who let me stay at their flat for a week! Thanks girls!

PC230203.JPG
Andrianaの友達のLera家で。彼らはみんな学生。若いウクライナ人と色んな話をするのは非常に楽しかったです。
At the flat of Lera's, a friend of Andriana. It was so nice to meet them and talk with young Ukrainians like them.

IMG_2694.JPG
Kamyanets Podilskyの城。川に囲まれた島にある旧市街の入口に建っていて、なかなかいい眺めでした。
The castle of Kamyanets Podilsky, guarding the entrance to the old city which stands on a rocky island.

IMG_2729.JPG
Kamyanets Podilskyの旧市街。この写真では凄さが伝わらないけど、外から見ると本当に絵になる街でした。旧市街自体は戦争でだいぶ破壊されたので、古い建物はあまり残っていませんが。
The old city of Kamyanets Podilsky. Though most of the old buildings in the center were destroyed during the WWII, the view from the other side of the river was magnificent.

IMG_2746.JPG
Hotynの要塞。ガイドブックには載っていなかったのですが、リウ゛ィウで会った人たちにすすめられたので行ってみました。ドニエストル川の河畔に建つ要塞で、なかなか良かったです。
The Hotyn Fortress. I did not know about it, but the guys I met in Lviv recomended me to go, so I did. And actually it was really worth going there. The fortress standing on the edge of the Donister River was impressive.

PC260221.JPG
ウクライナ産ウォッカNemiroffのチェリー入りウォッカ。初めて見たけど、なかなか美味でした。日本でも売ってくれないかなぁ。ちなみに、お値段は17グリブナ(250円)と格安。
Nemiroff's vodka with cherry. I had never seen it before. It was really nice and I liked it. I wish I could buy it in Japan...

PC260222.JPG
リウ゛ィウのビール、Lvivska。今回の旅で飲んだビールの中で一番好きかも。1Lで80円ぐらいとこれまた格安。酒が安い国っていいねぇ。
Lvivska. I was drinking this beer everyday while I was in Lviv. I guess it's the best beer I have tasted on this trip. And it's so cheep!

2008年12月27日

Goodbye Ukraine!

Just a quick update since I'm in another non-Japanese-friendly internet cafe and it is closing down in 10 minutes.

After I left Lviv on the 25th, I went to Kamyanets Podilsky and stayed there 2 nights. The old town surrounded by the river was really nice and the castle on the entrance to the town was impressive.

This morning I took a bus to Hotyn to see the famous fortress. It was also impressive, standing on the edge of the river. Then I took a bus to Chernivtsi. I am going to take an overnight bus to Kishinyov (Moldova) tonight. It's been snowing for the last 4 days and it is really cold here. I hope Kishinyov is a bit warmer...

2008年12月23日

Trapped in Lviv

I am in Lviv, Ukraine. I have tried two internet cafes in the city, but neither of them had a PC with the Japanese font. There are a lot of things I want to write about, Belarus and Lviv, the nice people I met in Belarus and what I have been doing in Lviv for 6 days. But I don't have time now. So I'll let the pictures speak for me. When I can find time and PC with the Japanese font, I will write about my experience here which is surely going to be the best memory of my trip. Lviv is the coolest place I have been to on this trip!!

PC170156.jpg
Brest fortress. This is where the Brest-Litovsk Treaty was singed.

PC160142.jpg
Sveta. A Belarusian girl I met in Brest.

PC170162.jpg
A portrait of me Sveta drew.

PC170163.jpg
Artem and Victoria. Cousins from Brest. Good guys.

IMG_2623.jpg
Lviv from the top of the Citadel.

IMG_2632.jpg
A building around Rynok square.

IMG_2643.jpg
Smiley fish.

PC200182.jpg
At Alex's party, after drinking all night. a lot of beer, wine, vodka, cognak were consumed.

PC210190.jpg
drinking a dangerous drink in Andriana's flat with her friends. I am staying at her flat.

2008年12月16日

ベラルーシより愛を込めて

 ということで、ベラルーシの首都ミンスクにいます。心配された入国も何事もなく通過できました。国境で列車に乗り込んできた税関職員はノーチェック。入国審査官はスキャナー付きのノートパソコンを持っており、それでパスポートの写真のページとビザのページをスキャンして終わり。外国人旅行者に加入が義務付けられている保険のチェックもなし。一緒に従いて回っていた車掌さんに見とれているうちに終わっちゃいました。

 いやぁ、この車掌さんがね、めっちゃ美人だったんですよ。旧ソ連の国ってほとんどの車掌はおばちゃんなんですが、私が乗った車両はたまたま若いお姉さんで、それがまた黒髪の美女。そんな美女がヒザ上25cmぐらいのタイトなスカート(車掌の制服)をはいてるんですよ。上はブレザー。んで、黒のタイツに黒のブーツ。もうね、たまんなかったです。あのお姉さんに会えただけでもベラルーシに来た甲斐があったってもんですよ。ミンスク行きの列車はヤバイです。

 閑話休題。ミンスクめっちゃ寒いです。本日の最高気温は-3°。今日はミンスク郊外にあるミール城というところに行ってきたのですが、寒すぎて観光どころじゃなかったです。

PC150135.jpg
 これがミール城。せっかく行ったのにあっちこっち修復中だし、博物館は休館日で中に入れず。

 そもそも、昨夜のホテルの部屋からして寒かったんです。ビザのために旅行会社を通じて予約した一泊$50近くもする旧ソ連型の大型ホテルに泊まっているんですけど、部屋の暖房の効きが悪くて寒んです。おかげで今日は風邪気味です。最上階のレストランで提供される朝食は超豪華なバイキングだし(腹一杯食べて昼食抜きにしました)、ビキニ姿のベラルーシ美女(ロシア美女?)が泳いでいる温水プールもあるというなかなか豪華なホテルなのですが、部屋が寒いのはいただけません。

PC140092.jpg
右端の22階建ての建物が私の泊まっているホテル・ベラルーシ。川は半分凍ってます。

 さて、どんな国だろうと思って来たベラルーシですが、思ったよりもはるかに普通です。街中で警官の姿を見かけることは稀だし、郊外の道路でも検問などなし。そこら中に大統領の写真や銅像があり、街中には警官がいっぱいで、自国民も移動時はパスポートの携帯が義務付けられているウズベキスタンやトルクメニスタンの方がはるかにパラノイアックです。お土産に大人気というルカシェンコ大統領のブロマイドやカレンダーも売ってなくてがっかりしました。もっとも、最近の欧米からの批判を受けて個人崇拝を慎むようにという命令が出ているそうなので、あくまでも表面的なものなんでしょうけど。

 ただ、ミンスクの街のレイアウトは完全に旧ソ連。「旧ソ連型の街」の定義を簡単に言うと、「無駄にでかくて、無駄に広くて、生活感がない」。ミンスクの中心部にはやたらと威厳のある建物が並んでるし、住宅街では無機質なアパートが乱立。やたらと広い道路が四方八方に伸びています。モスクワやタシュケントなんかと比べても、これまで行った街の中で一番旧ソ連って感じがします。まぁミンスクは第二次世界大戦で徹底的に破壊され、その後スターリンの肝入りで再建されたらしいのでこーなってるんでしょうね。

PC140104.jpg
 今も現役のKGB本部。向かいにはKGB創設者のフェリックス・ジェルジンスキー(ベラルーシ出身)の胸像があります。モスクワのKGB本部前の銅像は撤去されたそうなので、かなり貴重な胸像かと。

PC140110.jpg
 無駄に広い歩道。日曜の昼間なのに人通りはまばら。

2008年12月13日

KGBのいる国へ

 何とかベラルーシのビザをゲットしました。ビザ関係の業務をやる旅行会社は大使館のすぐ隣にありました。初日に大使館に行った時に係員は隣に行けと言っていたみたいですが、私にはそれが理解できなかったようで・・・。

 ビザめっちゃ金かかりました。その旅行会社では観光ビザだけの取得も可能だときいていたのですが、ホテル予約をしてバウチャーを取得しないといけないと言われました。しかも、ビザの滞在日数はホテルを予約した日数分しかもらえないとか。そこで予約できるベラルーシのホテルはどこも高く、その中で安いところでも一泊$40近く。でも昨日は金曜日で、昨日中に取らないと週明けまで待つことになる。月曜日までの滞在費を考えたらホテルを予約するもの悪くない。ということで決定。

 適当な住所を書いて知人訪問ビザにすれば安く上がったし、実際それで行っている人も多いみたいですが、私のロシア語力では万が一の時が怖いので小心者の私はやめておきました。なんせ偉大な独裁者ルカシェンコ大統領が治めるベラルーシは今だにKGBがソ連時代のまま現役バリバリで活躍している国ですもん。何されるか分かったもんじゃないですからね。ベラルーシはいろんな意味で古き悪しき旧ソ連が残っている国らしいので、今から行くのが楽しみです。

 ちなみに、キエフめっちゃ都会です。街並みもヨーロッパ風で、中央アジアやカフカスのソ連型の街とは全然違います。めっちゃおしゃれな街で、なんとなくモスクワを彷彿させます。怪し気な寿司バーが多いのもモスクワ風だし。

PC110064.jpg
こんなヤツとか。他には「七人の侍」って名前の店もありました。

IMG_2502.jpg
 記憶に新しいオレンジ革命の舞台となった独立広場。マクドナルドがあり地下はショッピングモールになってます。

 あと、クソ寒いのに(現在-3度)若い女の子がビール瓶を片手に持って、それをラッパ飲みしながら歩いているのもモスクワ風。そーいえば、さっき地下のショッピングモールのフードコートみたいなところで食事したのですが、隣の席に金髪のウクライナ美女と冴えない男2人が座っていました。美女は何かの資料を見せて熱心に説明しており、男たちはそれを熱心に聞き入るといった様子で、どうもキャッチッセールスっぽい感じがしたんですが、ウクライナにもあるんでしょうかね。いやまぁ、あんな美女に声かけられたらみんなついて行くだろうけど・・・。

IMG_2473.jpg
 ソフィア大聖堂。

IMG_2518.jpg
 キエフ洞窟修道院の大聖堂。

IMG_2522.jpg
 大祖国戦争歴史博物館(第二次世界大戦博物館)の上に立っている巨大な像。バンザイしているようにしか見えない。

IMG_2537.jpg
 公園で記念撮影をしていた新婚カップル。

PC130083.jpg
 中国政府による弾圧に抗議していた法輪功の皆さんをこっそり隠し撮り。半分以上はウクライナ人(ロシア人?)だった。こんなとこまで法輪功が進出していたとはね。

2008年12月11日

ベラルーシビザ

 無事ウクライナの首都キエフに到着しました。ここはもう完全に冬です。しばらく前に降った雪がまだ残っています。

 グルジアのポティからオデッサまでの船旅はなかなか快適でした。トイレ・シャワー付きの4人キャビンが$175。これだけでも安いのに食事は全て込み。船内も部屋もめっちゃきれいで、新鑑真号(神戸・大阪〜上海)の1.5倍、アゼルバイジャン号(トルクメンバシュ〜バクー)の100倍ぐらい快適でした。オデッサまで40時間以上かかりましたが、同室のグルジア人のおっちゃんたちと昼間からチャチャ(グルジア版ウォッカ)を飲んで、後はひたすら寝るという生活をしていたのであっという間につきました。

 この時期のオデッサは特にこれといってやることもなかったですけど、いかにもヨーロッパって感じの街並みがきれいでした。物価も思っていたほど高くないし。もちろん女の子は美人ばっかり。ホント、見ているだけでため息が出てきますよ。

 さて、このキエフではベラルーシのビザを取ろうと思っていたのですが、どうもハードルが高そうです。まずベラルーシ大使館に行ってみたけど英語通じず。ロシア語でどこか別のところへ行けと言われて番地だけは分かったけど、それがどこの何なのか分からず。諦めてネットで見た旅行会社に頼もうと思ったけど、情報通りの住所に行っても何もなし。他の旅行会社をいくつか当たってみるが、どこもニェト。仕方ないのでまた大使館に戻ったら閉まってた。大使館に電話して聞こうと思いテレフォンカードを買ってみたが、不良品なのか残高切れなのか分からないけどカードは使えず。路上でカードを売っていた男の所に戻ってみたが、逃亡したのか、たまたまどこかに行っていたのか分からないけど、男はいなかった。こうして700円出して買ったカードが無駄になりました。

 ということで、もう完全に八方ふさがり。何をやってもダメで正直かなりブルーになってます。ベラルーシって特に何かあるってわけではないけど、せっかくここまで来たのだから行ってみたいし、ロンプラ(ガイドブック)には「スーパーモデルの産地」と書かれていたので気になるんですよね・・・。

2008年12月10日

Beauty of Odessa

After spending more than 40 hours on the ferry and drinking heaps of Chacha(Georgian Vodka), I have finally arrived in Odessa.

PC070037.JPG
Black Sea. Does it look black enough?

I have tried a few internet cafes here, but none of them had a computer that has Japanese fonts. I wish I had my own laptop, as there are many cafes with Wi-Fi.

It's quite cold and there is not much to see or do at this time of year in Odessa. But Ukrainian girls are so pretty that I'm really glad that I came here. I agree with those who have told me about their beauty. They are just perfect!

PC090047.JPG
The famous Potemkin Steps of Odessa. Not as impressive as I thought. A bit of disappointment.

PC100059.JPG
The Arkadia Beach in Odessa. Unfortunately, there were no bikini girls. A big disappointment.

I'm taking a train to Kiev tonight. Hopefully, I can find a Japanese-friendly internet cafe there. Dasvidanya!

2008年12月04日

やっちゃった・・・

 昨日書いたように6日発(土曜日)のウクライナ行きのフェリーに乗るつもりだったんですよ。週1便しかないフェリーなので、最低でも前日に買わないといけないんですよね。船会社のサイトには毎週土曜日発と書いてあったし、10日ぐらい前に運航予定表をチェックした時も先週の便は土曜日発になっていたし。なので、明日のバスでフェリーが出ているポティという街に行ってチケットを買う予定でした。

 が、さっき船会社のサイトで運航予定表を見たら今夜発になっているじゃないですか・・・。土曜日発という記述を信用して運航予定表の日付を見てなかった・・・。ロンプラ(ガイドブック)にも運航は不定期でサイトの情報はアテにならないと書いてあったのに・・・。昨日ネットした時にチェックしておくべきだった・・・。今から急いで向かっても間に合うかどうか微妙だし、間に合ってもチケットが売り切れてたら乗れないし・・・。あ〜あ、やっちゃった・・・。

 今はショックで何も考えられません。このまま1週間待つか、それともウクライナ方面は諦めてトルコに行くか・・・。どうしようかなぁ・・・。

2008年12月03日

OPERATION UKRAINE

 まだトビリシにいます。今週の土曜日のフェリーで黒海を渡りウクライナに上陸する予定ですが、まだチケットを買ってないのでどーなるかわかりません。ネットで調べてもこのフェリーに乗った話ってのがほとんどないんですわ。前日にフェリーの出ているポティという街に行ってそこのオフィスで購入するつもりですが、果たして買えるのだろうか・・・。

 とりあえずウクライナ行きの目的は次の二つ。

・ウクライナ美女を見に行く
・ウクライナでNemiroffを飲む

 旅人との会話でよく話題になるのが「どこの国の女の子がかわいいか」。私の個人的な統計によれば欧米で圧倒的に上位なのがウクライナ(他はコロンビアなどの南米)。前回の旅では行かなかった国なので、この際はぜひ行ってみてうわさの真偽を確かめなければいけません。ちなみに、ここグルジアの隣国アルメニアもかなり評価は高いのですが、個人的にはそこまでピンと来なかったんですよねぇ。

 二番目のNemiroffってのはウクライナ産のウォッカ。数あるウォッカの中でも私のお気に入りで、特にNemiroffのトウガラシ入りウォッカは最高です。これを本場のウクライナで買って飲むというのが私の長年の夢。

 そんなわけでウクライナに行ってきます。寒そうだなぁ・・・。