2017年11月18日

違いの分かる男でありたい

 酔った勢いでくだらない話を書いてます、日々の生活に追われ最近の音楽事情にはとんと疎いのですが、WHITESNAKEがまだ活動しているようですね。カヴァーデイル御大がますますお元気盛んなようで何よりですが、80年代中盤〜後半や2000年代以降のド派手路線のWHITESNAKEよりも、私が好きなのは70年代後半から80年代前半のレイドバックした激シブ路線のWHITESNAKEです。私が生まれる前の話なので、そんな偉そうに語れる資格はないんですけどね。

 あっでも、リアルタイムで経験した90年代中期のエイドリアン・ヴァンデンバーグ時代も好きですけどね。"Don't Fade Away"とか "Too Many Tears"は今でも仕事中に思わず口ずさんでしまう曲です。

 でも、世間的にWHITESNAKEといえば80年台にヒットした"Here I Go Again"や"Is This Love"が有名ですが、私にとっての永遠のベストソングは"Don't Break Heart Again"ですね。それもイアン・ペイスがドラムを叩いているオリジナル・バージョン限定。以下に2つの動画を貼ってみましたが、同じ曲でも全然印象が違うんですよね。曲のアレジンや演奏メンバーは基本的に同じなんですが、ドラマーが違うんですよ。それが決定的な違いを生んでいるという稀有な事例です。





 前者はイアン・ペイスで、後者はコージー・"ディメンショナル"・パウエル"(ブライアン・メイ命名)。メタルファンの私がドラマーとして好きなのは断然コージー・パウエルなんですけど、この曲に限ってはキレキレでタイトなコージーのドラムよりも、若干前のめりでルースなイアン・ペイスのドラムの方が合うんですよね。コージー・のドラムは正確でキレが良すぎて、かえってこの曲をガチガチの固くて面白くない曲にしています。初めて聞いた時はドラマーが違うだけで、ここまで曲の印象が変わるというのが衝撃的でした。

 ちなみに、この違いについて語り会える人を求めて37年間生きていますが、未だに出会ったことがないのが私の人生唯一の心残りです。私が死ぬ前にこの違いについて語り合える人に出あうことが私の夢です。

 ついてでに言うなら、METALLICAの曲もラーズ・ウルリッヒの前のめり地味なモッタリとしたドラムがベストマッチするのであって、これをコージー・パウエルやテリー・ボジオ、サイモン・フィリップス(私が生で見たことあるドラマーの中では最高レベルです)が叩いたってあのかっこよさは出ないんですよね。

 酔っぱらいすぎて何がいいたいのか分からなくなってきましたが、とりあえす"Don't Break Heart Again"のドラはイアン・ペイスに限るとう話でした。
posted by Tets at 00:18| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

Perfect Angel

 今夜も精神が病んでいて眠れません。ここ数日は2〜3時間しか眠れないという日が続いています。精神崩壊です。ゲシュタルト崩壊です。コンスタンチノープルの陥落です。サイゴンのいちばん長い日です。意味わかんないです。とりあえず今日も美しい音楽を聴きながら酒を飲んでいます。飲んでも飲んでも眠れないんですが、どうしたら良いんでしょうかね?

 私はチェ・ゲバラに誓ったんですよ。世界のどこかである不正が誰かに対して犯されたならば、それがどんなものであれ、それを心の底から深く悲しむことのできる人間になると。あっ、これゲバラが子どもたちに宛てた手紙の中の一節です。皆さん知ってますよね?

 でも、現実は金のために魂を売って生きいるんですよ。不正な搾取に加担し、不正義に従順しているわけですよ。不正が行われていても、私は黙って見て見ぬふりをするしかないんです。全ては金のため、生活のためなんです。でも、それは私の良心に反することで、でも他に選択肢はなくて、どうしたら良いのか分からなくて、誰にも相談できなくて、もうどうにもこうにもI can not なんです。

 閑話休題。昨日の続き。最も美しい歌声を持つシンガーと言えば間違いなくミニー・リパートン。彼女のアルバムとそのタイトルトラックに"Perfect Angel"という名をつけたのはかのスティービー・ワンダーだが、その名を名乗ることが許されるのは人類の歴史に於いてミニーただ一人だけと私は信じている。



 人種差別の激しい時代に白人男性と結婚したこと、黒人と言えば皆ブルーズを歌うことが一般的だった時代にどれだけ勧められても「ブルースは悲しい歌。私は幸せだから歌わない」と言ってブルースを歌うことを頑なに拒否したこと、乳がんにかかり乳房の除去手術を受けたことを公表してガン撲滅運動に関わったこと、そのガンが転移して31歳で夭逝したこと。そんな彼女の人生の背景を知らなくても、この歌声を聴いて感動しない人はいないだろう。マライア・キャリーとかセリーヌ・ディオンとか、ただ高い声が出るというだけのシンガーたちとは声の質が決定的に違う。ただ純粋に美しくて優しい。

 ちなみに、この"Lovin' You"は元々は娘のために歌っていた子守唄で、曲の最後で繰り返す「マーヤ」とは最愛の娘の名前です。

 余談ですが、現在その愛娘のマーヤ・ランドルフはシンガーとしてではなくコメディアンとして名を成しています。テレビでおバカな姿を晒す中年オバサンのことを天国のミニーがどう思っているかは分かりませんが、真面目に歌えば母譲りの歌唱力を持っていることがわかります。この動画じゃあまり分からないかもしれませんが・・・。


posted by Tets at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

美しい歌声 美しい音楽

 何年かぶりにFairport Conventionを聴いた。サンディ・デニーの歌声の美しさに涙が出そうになった。酒が進んでヤバイ。今から50年近く前の曲だけど、今テレビで流れているどの曲よりも美しいと思う。醜いばかりの世の中だからこそ彼女の歌声が一層際立つ。

 とりあえず、今度実家に帰ったらFairport Conventionのアルバムを持って来よう。もう5年以上実家には帰ってないけどね。実家に残してきた大量のCDとマンガを整理してくれと親がうるさいんだがずっと無視してる。






 ついでに同じ流れでMellow Candleも貼ってみる。こっちは私的史上最も美しい女性デュエット。そういえば、彼らが発表した唯一のアルバムも実家に置いたままだ。"Messenger Birds"の高音スキャットと





posted by Tets at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

Rock n Roll Music

 中学生の頃、惣領冬実の「3-THREE-」というマンガが私の愛読書だった。私がミニー・リパートンやジャニス・ジョプリンが好きなのもこのマンガの影響なのだが、このマンガの中で「ジョニー・ウィンターのギターよりもチャック・ベリーのギターの方が好きだ」という感じセリフがある。このセリフを始めて見た時の私はジョニー・ウィンターのアルバム(ゴリゴリのロック時代)は持っていたがチャック・ベリーは聴いたことがなかった。そこで早速ベスト盤を買ってきて聴いた。そうしたらすぐにこのセリフの意味が分かった。

 彼がギターを持って歌えばそれは即ちロックンロール。今聴いても素直にカッコいいと思える。つか、これをカッコいいと思えない人とは音楽の話は一生できないと思う。

 R.I.P. Chuck Berry...

posted by Tets at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

The sun won't go down

 また一人私の好きなミュージシャンが亡くなった。ジョージ・マイケル。WHAMやソロになってからのムーディなポップ曲も悪くはないけど、彼のベストパフォーマンスは彼が最高のロックボーカリストであることを世界中に知らしめたフレディ・マーキュリー追悼コンサートでの"Somebody To Love"の熱唱であると私は信じている。

 シングルとして発売されたライブの音源ではいきなり歌い出すところから始まるが、実際のライブではリサ・スタンスフィールドとのデュエットで"These Are The Days Of Our Lives"を歌った後、ジョージ・マイケルが一人ステージに残り、観客にゲイに対する偏見を捨て適切なエイズ予防をすることを訴えた後(彼のもう一つの偉大な功績はゲイであることを公表し、ゲイであることやゲイセックスは何ら恥じるものではないとおおっぴらに語ったこと)、"This song is one of my favorites. It's called Somebody to love"と言って歌い出す。この瞬間が最もかっこいいのにCDではカットされている。私的にはそれが許せない。

 あと、あれだ、2回めのサビで"Somebody to〜"と歌った後に「Come on!」と言って観客にマイクを向けるところも最高にかっこいい。ストレートな私でも惚れそうになるくらいだから、ゲイにもてるのは当然だろう。ちなみに、イギリスのニュースではスルーされているようだが、アメリカのCNNでは彼の死去を報じるニュースの中でアメリカで「某犯罪」で逮捕された件についても言及していたのが興味深かったです。

 それはさておき、"Last Christmas"や"Caress Whisper"しか知らない人にはぜひこの熱唱を聞いて欲しい。彼が最高のボーカリストであったかが分かるから。今夜はこの曲と"Don't Let The Sun Go Down"を延々と聴きながら酒を飲んでいます。

R.I.P. George



posted by Tets at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

人見元基 at 東京キネマ倶楽部 2016.08.24

 2週間以上前の話ですが、今年も日本最高のロックボーカリストにして現役高校教師、人見元基のライブに行ってきました。知らない方のために一応解説しておくと、人見元基はかつてVOW WOWというバンドでボーカルをやっており、日本で活動していた頃は武道館でライブをやったり、イギリスに渡ってからはレディングフェスティバルに出たこともある人なんですが、1990年にバンドが解散してからは音楽業界から身を引いて、高校の英語教師をやっています。

 その歌声を知る一部の人からは今でも高い評価を得ており、引退後もB'zの松本孝弘のカバーアルバムで歌ったり、恐らく関係者にファンがいて要請を受けたのでしょうが何故かNHK教育テレビの歌やゲームの主題歌を歌ったりしていますが、商業的な音楽活動は一切行わず、年に数回ライブをやるだけという状態がここ20年近く続いています。そのライブも毎回満員ですし、YouTubeにアップされている高校の卒業式の予餞会でのライブ映像の再生回数が9万回近くになっている高校教師は世界中探してもこの人ぐらいでしょう。とにかく、浜田麻里と並んで私の大好きなボーカリストです。

 ということで、人見元基のライブは私にとってはもう十数回目、嫁にとっては初。浜田麻里に続いて人見元基と非常に濃いライブが連続して当初はやや戸惑い気味の嫁でしたが、とにかく楽しそうにステージ上で歌い、ひたすらシャウトしまくる人見元基を見て、最初は硬かった表情が徐々にほころんできました。その後は彼の一挙手一投足にバカ受けしながら大喜びで見ていました。特に"All or Nothing"で終わりと思わせてカーテンの後ろに引っ込んでから、また出て来てシャウトしまくるというのを繰り返すお馴染みの演出がお気に召したようです。

 セットリストはほぼ恒例のロックやジャズのスタンダードのカバーに自身がかつて在籍したNOIZの曲。NOIZの曲を6曲やった代わりに今回はZEPナンバーはなし。アンコール1発目の初めの"Imagine"はちょっと珍しい選曲でしたが、なかなか良かったです。

 が、やはりこの人の声が一番映えるのは"I Got The Fire"や "Move Over" のロックナンバーなんですよね。この2曲は何度聴いても震えます。"Cry Me A River"や"Fly Me To The Moon"Wのようなジャズナンバーをシャウトしまくりで完全に自分のスタイルにしてしまうのも彼らしいと言えば彼らしいので好きですけどね。

 いつものように今回も3時間半以上に及ぶ長丁場。その間、最後まで衰えぬ歌声を聴いていると、この人本当に58歳なのかと思ってしまいます。

IMG_6844.jpg

 音楽業界から身を引いて26年。未だに衰えぬどころか歌唱力、声域、全てが現役時代よりもパワーアップしている気がします。これだけの才能のある人が、世間の大半から知られずにいるということは本当に勿体無いと思う。

 でも、ビールを飲みながら自分の好きな曲を好きなメンバーと一緒に楽しそうに歌っている姿を見ると、心から楽しんでいることがよくわかります。彼のライブに行くといつもこんなことを考えるんですが、この日は途中からはそんなことはもう言っても仕方のないことなので、今はこの素晴らしい歌を生で聴けることの幸せを噛みしめることの方が大事だとしみじみだと思いました。なんせ、年に1〜2回しかライブをやらないのですから、死ぬまでにあと何回聴けるか分からないんですからね。

IMG_6848.jpg

 つか、さっきネットで検索していて知ったんですが、今年の3月の山本恭司の誕生日ライブに厚見玲衣と人見元基が参加して、VOW WOWの曲を何曲かやっていたんですね(この動画の15:00ぐらいから)。行きたかったけど仕事だったんですよねぇ。見たかったなぁ・・・。この3人が揃ってVOW WOWの曲をやるのは確か6年ぶりのハズ。その前回の2010年の再結成ライブもチケット取ってたのに仕事が終わらなくて行けなかったんですよねぇ。私は一生人見元基がVOW WOWの曲を歌うのを生で聴くことはないのかなと思っちゃいますね。

P.S.
 このライブの音源をYouTubeに上げている人がいるのでこっそり貼っておきます。この素晴らしい歌声を少しでも多くの人に聴いて欲しいので・・・。





posted by Tets at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

BABYMETAL with メタルゴッド


 やべぇ、笑いが止まらん。アメリカで18歳の日本人の女の子がロブ・ハルフォードと一緒に"Painkiller"と"Breaking the Law"を歌うなんて絶対あり得ない。KISSがももクロとやってたけど、あれはあくまでも日本向けのサービスであって、海外でやってるわけじゃないからね。20年以上メタルを聴いているけど、まさかこんな時代が来るとは思わなかった。

 つか、"Breaking the Law"でギターを弾くゆい、もあが可愛すぎ。そして、本当に楽しそうなすぅがいい。普段のライブでは絶対に見せない表情。

 ちなみに、9月の東京ドームのライブの先行予約は全敗。一般販売で勝負をするしかない状況。何としてもゲットしたいなぁ・・・。
posted by Tets at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

浜田麻里 at 東京国際フォーラム 2016.07.18

 5月29日のライブも行ったのですが、今回の追加公演ももちろん参戦。前回のライブでは新作から全曲を演奏しておきながら、"Return To Myself", "Nostalgia", "Heart And Soul", "Paradox", "Precious Summer"などの世間の一般の人が知っている80年代後半から90年代前半のヒット曲を一切演奏せず、という気合いの入ったセットリストでしたが、今回も前回のライブから数曲を入れ替えただけで、上記のヒット曲は一曲もやりませんでした。この辺りにも浜田麻里の今の自分に対する迷いのない自信というものが感じられる気がします。

 しかも、前作のツアー時のセットリストとも被っている曲は"Blue Revolution"や"Historia"などほんの数曲のみ。新曲と並べてどの時代の曲をやっても遜色ない。どの時代の曲も当時と同じキーで当時以上のレベルで歌える。往年のヒット曲を全くやらなくても観客が大満足。そんなアーティストはなかなかいないんじゃないでしょうか。アンコール最後の曲が"Heartbeat Away From You"というのも意外だったけど、それでも十分盛り上がるんですからやっぱり凄いです。

 今回のライブの特徴は若井望が加入してギターが3本になったこと。前回はセットリストの一部だけトリプルギター編成でしたが、今回は全編がトリプルギターでした。若井望のメタリックなギターは近年ややマンネリがちになっていたサウンド面に良いアクセントをもたらしていたと思います。ギターの音が被ってやや聞えずらいところもありましたが(特に藤井さんの音が潰れていた気がします)、音楽的にはプラス面の方が大きかったと個人的には思います。

 アルバムでは高崎晃が弾いてたソロも含めて、ソロも全体の半分近くを若井望が弾いていました。他のメンバーがいかにもスタジオミュージシャンらしく控えめなプレイに終始する中(ドラムの宮脇“JOE”を除く)、衣装も派手なアクションも一人だけメタル系で、見ていて微笑ましかったです。思わずHammerfallのギタリストがいるのかと思っちゃいました。

 彼が入って良かったと一番思ったのが"Rainbow After A Storm"。新作からの曲で私の好きなハードな曲ですが、前回のライブではどうもノリがイマイチで、アルバムバージョンほどカッコいいとは思えなかったんです。しかし、今回はアレンジが若干変っていて、超高速のイントロから始まって、サビでは全楽器がユニゾンで高速リフを刻み、それに負けじと突き抜けてくる浜田麻里のハイトーンの素晴らしさと言ったら、もう鳥肌モノでした。最後のサビの所では、こんなにカッコいい演奏を聴けるなんて生きていて良かったなぁ、と感動で涙が出そうになりました。

 浜田麻里のライブで泣きそうになることは毎回ありますが、たいていはバラードです。ハードな曲では初めてでしたね。私的な昨夜のハイライトはこの曲でした。WOW WOWのカメラが入ってたからこのライブも放送してくれないかなぁ。

 あと、前回も思ったけど"Tears Of Asyura"もいい。この前のアコースティックパートで浜田麻里に促されて座っている状態なのですが、座って聴くのが勿体ない熱演でした。情感ある歌声がプログレチックなバックの演奏とマッチする美しいパワーバラードは絶品でしたね。

 ちょっとだけ演奏されたアコースティックバージョンの"Antique"も良かった。個人的に大好きな曲なので、珍しいアレンジで聴けたのは嬉しかったです。

 唯一残念なことは、5月のライブもそうだったけど、毎回私が一番楽しみにしている浜田姉妹のアカペラデュエットがなかったこと。以前こんな記事を書いたことがあるくらい私は絵里ちゃんのファンなので、姉妹のデュエットタイムは絵里ちゃんの歌声を堪能できる貴重な時間なんですよね。それがなかったのが残念でした。

 ちなみに、この日は浜田麻里の54歳の誕生日。54歳であれだけの歌えるってのはやはり日頃からの歌に取り組む真摯な姿勢があるからこそだと思います。一向に衰えないルックスといい、この人こそが本物のプロのシンガーだと思います。一緒に行った嫁から「この人があなたが一番好きな歌手なのね」と言われ、前人未到の領域を突き進む麻里姉さんに一生付いていこうと改めて決心しました。

セットリスト
Sparks
Monster Wave
Crimson
In Your Hands
Revolution In Reverse
Night Steals
Anti-Heroine
Beautiful Misunderstanding
Missing You
Antique
Orion
Tears Of Asyura
Carpe Diem
Superior
Dystopia
Crisis Code
Tokio Makin' Love
Rainbow After A Storm
Rin

アンコール1
Historia
Somebody's Calling

アンコール2
Blue Revolution
Heartbeat Away From You
posted by Tets at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

雑感

 Babymetalの新作がアメリカのAmazonのランキングで1位、iTunes Storeでも3位になってる。日本では当然AmazonもiTunes Storeも1位。そろそろ始まるであろう今宵のウェンブリーアリーナのライブもソールドアウトとか。マジヤバイ。



 ついでに音楽ネタをもう一つ。時間が経ったからもう書いていいだろうから書きます。ちょっと前のある日のこと。朝勤務先のホテルで朝礼に行った時にハウスキーパーの若い子が「ロイヤルスイートのゲストはグラミー賞取った人らしいよ」とか言っているのを小耳に挟んだ。けど、どうせ最近の人だろうから俺は知らないだろうと思ってロクに聞いていなかった。宿泊者リストを見たら、名前は「Pope Alexander(アレキサンダー法皇)」になっていた。確かに変な名前だなぁとは思ったけど、そんな名前の人いるのかな、どうせ偽名だろうとぐらいにしか思っていなかった。

 んで、その日の仕事の帰りにホテルの隣のライブ会場で「マイケル・ボルトン来日公演」というプラカードを持った案内の人が立っているのを見て初めて気づく。ロイヤルスイートのゲストはマイケル・ボルトンだったのだ。

 あのハスキーで情感たっぷりの歌声は私の大好物なのだ。"How Am I Supposed To Live Without You"を聴くだけでビール3杯はいける。それくらい好きなんです。以前ダライ・ラマが来た時は厳戒態勢で部屋に近づくことすらできなかったけど、今回はいくらでもチャンスがあったのに・・・。かつてはBLACKJACKというハードロックバンドで長髪を振り乱していた彼も最近前髪がかなり後退しているみたいだけど、その広くなったおでこをぜひ拝みたかった。

posted by Tets at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする