2017年04月08日

Perfect Angel

 今夜も精神が病んでいて眠れません。ここ数日は2〜3時間しか眠れないという日が続いています。精神崩壊です。ゲシュタルト崩壊です。コンスタンチノープルの陥落です。サイゴンのいちばん長い日です。意味わかんないです。とりあえず今日も美しい音楽を聴きながら酒を飲んでいます。飲んでも飲んでも眠れないんですが、どうしたら良いんでしょうかね?

 私はチェ・ゲバラに誓ったんですよ。世界のどこかである不正が誰かに対して犯されたならば、それがどんなものであれ、それを心の底から深く悲しむことのできる人間になると。あっ、これゲバラが子どもたちに宛てた手紙の中の一節です。皆さん知ってますよね?

 でも、現実は金のために魂を売って生きいるんですよ。不正な搾取に加担し、不正義に従順しているわけですよ。不正が行われていても、私は黙って見て見ぬふりをするしかないんです。全ては金のため、生活のためなんです。でも、それは私の良心に反することで、でも他に選択肢はなくて、どうしたら良いのか分からなくて、誰にも相談できなくて、もうどうにもこうにもI can not なんです。

 閑話休題。昨日の続き。最も美しい歌声を持つシンガーと言えば間違いなくミニー・リパートン。彼女のアルバムとそのタイトルトラックに"Perfect Angel"という名をつけたのはかのスティービー・ワンダーだが、その名を名乗ることが許されるのは人類の歴史に於いてミニーただ一人だけと私は信じている。



 人種差別の激しい時代に白人男性と結婚したこと、黒人と言えば皆ブルーズを歌うことが一般的だった時代にどれだけ勧められても「ブルースは悲しい歌。私は幸せだから歌わない」と言ってブルースを歌うことを頑なに拒否したこと、乳がんにかかり乳房の除去手術を受けたことを公表してガン撲滅運動に関わったこと、そのガンが転移して31歳で夭逝したこと。そんな彼女の人生の背景を知らなくても、この歌声を聴いて感動しない人はいないだろう。マライア・キャリーとかセリーヌ・ディオンとか、ただ高い声が出るというだけのシンガーたちとは声の質が決定的に違う。ただ純粋に美しくて優しい。

 ちなみに、この"Lovin' You"は元々は娘のために歌っていた子守唄で、曲の最後で繰り返す「マーヤ」とは最愛の娘の名前です。

 余談ですが、現在その愛娘のマーヤ・ランドルフはシンガーとしてではなくコメディアンとして名を成しています。テレビでおバカな姿を晒す中年オバサンのことを天国のミニーがどう思っているかは分かりませんが、真面目に歌えば母譲りの歌唱力を持っていることがわかります。この動画じゃあまり分からないかもしれませんが・・・。


posted by Tets at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448847123

この記事へのトラックバック