2017年02月21日

福島でスキー

 1泊2日で福島に行ってスキーをしてきました。私にとっては実に21年ぶり、雪のない福建省育ちの嫁にとっては人生初のスキーでした。チベットで知り合って以来付き合いのある旅仲間の実家に泊めてもらい、嫁はインストラクターの資格を持っている彼のお父さんにスキーを教えてもらうという至れり尽くせりの旅でした。

 行ったのはあだたら高原スキー場。こじんまりとしたスキー場で、子供時代に行った大規模なスキー場しか知らない私には新鮮でしたが、週末なのに人も少なく非常に滑りやすかったです。

IMG_1600.JPG
 とりあえずみんなで記念写真。ウェアやゴーグルは借り物でスキーはレンタル。ほぼ手ぶらで行きました。

IMG_1581.JPG
 最初はこんな感じで手取り足取り教えてもらっていました。

IMG_1573.JPG
 それでも転びまくり。後で見たら転んだ写真ばかりで嫁に怒られました。

IMG_1588.JPG
 なんとなく滑れているように見えますか?腰が引いているのでかっこ悪いですが・・・。

 2〜3時間ぐらい練習して何となく滑れるようになったとこで終了。何度も転んでゲレンデの隅の練習用コースをノロノロと滑るのがやっとでしたが、それでも本人は楽しかったみたいで、「楽しかった!またスキーに行きたい」と嬉しそうに言っていました。

 ちなみに、私は最初の方は嫁が教わっているのを横で見ながら通訳をしたりしていたのですが、一緒にやっているうちに徐々に思い出してきて、最後の方にはリフトに乗って上まで行って、一度も転ぶことなく降りて来ることができました。

 私がスキーをやっていたのは広島に住んでいた小学生時代で、滋賀に引っ越してからは1〜2回行っただけ。この21年間は一度も滑ってなかったのに、体が覚えていたのにはビックリしましたね。嫁と同様に私もまた行きたいと思ってしまいました。

 翌日は那須ガーデンアウトレットに寄って散財し(嫁のコートを2着購入)、宇都宮で餃子を食べて帰りました。

IMG_1601.JPG
 正嗣というお店の餃子。メニューは焼き餃子と水餃子のみで、飲み物もご飯もないという本当に餃子だけを食べに行く店。私達が行ったのは15時過ぎだったのですが、それでも店内は満席で、持ち帰りの客も含めて、常に客が出入りしているという大繁盛店でした。

 肝心の餃子は野菜が多目のあっさりタイプで、たくさん食べても飽きが来なかったです。つか、宇都宮の餃子を舐めていました。めっちゃ美味かったです。正直、ここまで美味いとは思いませんでした。舐めていたことを反省しております。
posted by Tets at 13:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人生初のスキー!という奥さん、連れて行った甲斐がありましたね(^^)。
Tetsさんの凄いところは、何処へ行っても旅仲間のネットワークがあることだと思います。
Posted by ミニラ at 2017年02月25日 19:11
滑れたら楽しいですけど滑れないので、もうスキーなんて行かない!
と言いそうで心配だったのですが、楽しんでくれてよかったです。

数少ない友人は全員かつての旅仲間なんですよねぇ。
10年以上も付き合いが続いているのは本当に有り難いです。
Posted by Tets at 2017年02月25日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック