2016年07月10日

シリアとメタリカ

 今日も酒を飲んでいます。嫁が里帰り中なのをいいことに毎日飲みまくっています。確か今日帰ってくるハズなんだけど、そろそろ羽田に着く便で帰ってくるハズなんだけど、空港に迎えにも行かず、とにかく酒を飲んでいます。

 前にも書いたことがあるような気がするけど、酔った勢いで思い出話しを一つ。

 ちょうど10年前の今頃、私はシリアのホムスという街からハマという街に行くミニバスに乗っていた。トルコからシリア〜ヨルダンを抜けてエジプトまで行って、また同じ道をトルコまで戻っている時だった。

 そのミニバスで隣の席に座っていた兄ちゃんが話しかけてきたので、片言の英語と片言のアラビア語で話をした。お互いの使用言語のボキャブラリィは乏しかったが、ある共通の話題があったので盛り上がった。

 「俺はヘヴィメタルが好きなんだ。メタリカとかマリリン・マンソンが好きなんだ」と彼は言った。

 中東を旅していて、アメリカのポップ(マドンナとかアヴリル・ラヴィーンとか)を好きだという人に出会うことは何度もあったけど(意外だが特にイランで多かった)、メタルが好きだと言う人に会ったのはこれが初めてだった。

 私は "Master of Puppets"のリフだけでご飯三杯は軽くいけるというくらいのメタル好きなので、こんな所で同好の士に会ったのが嬉してくて、「そっかー、メタリカ好きなんだ。メタリカのライブは見たことあるよ。めっちゃカッコよかったよ。」と言った。

 それを聞いた彼は、「メタリカは隣のレバノンには来たことがあるけど、シリアには来たことはないんだよね。メタリカはこんな貧しい国には来てくれないんだよね」、と寂しそうに言った。

 日本に暮らしているとあまりにも当たり前なので、時々自分がどれだけ恵まれた環境にいるのかということを忘れてしまうことがある。この時も我ながら余計なこと言ってしまったと思ったので、必死に彼を励まそうと思い、「でもいつかメタリカがシリアに来ることもあるかもしれないよ。10年後かもしれないけどさ」と言ってみたが、彼の曇った表情は変わらなかった。

 今となっては彼の名前も顔も思い出せないけど、あの時感じた何とも言えない申し訳ないような感情と彼の寂しげな表情だけは今でもはっきり覚えている。

 あれから10年経った。彼がハマの住人だったかホムスの住人だったかは知らない。ただ、ハマもハマスも内戦でボロボロに破壊されてしまった。そして、多くの命が失われた。

 メタリカがシリアに行くことは多分ないだろう。メタリカとマリリン・マンソンが好きな彼は一生メタリカやマリリン・マンソンのライブを見ることなく死んでいくんだろう。あるいはもう死んでしまっているかもしれない。私がシリアで出会った多くの人達と同じように。

 私にとってシリアという国は、いつもこの何とも言えない申し訳ない思い出と共にある。一生メタリカのライブを見ることができない彼に、メタリカのライブを見たことがあると自慢すべきではなかったという後悔。そして、彼があの悲惨な内戦を生き延びて、どこか安全な場所で(シリアにはそんな場所はないだろうが)、爆音で"Master of Puppets"を聴いていて欲しいという自分勝手な希望。

 色んな国を旅して学んだ唯一のこと。それは、世界の何処でも、誰もがささやかな幸せや、ささやかな夢、それを追い求めて生きている。国家とか宗教とか、そんなモノよりも大切なモノがある。どんなに貧しい国にも、どんなに豊かな国にも、どんなに危険な国にも、どんなに平和な国にも、平等に同じだけのささやかな幸せと夢がある。そして、それを奪う権利は誰にもない。

 本当の意味での政治というものは、こういうささやかな幸せや夢を追求する権利を全員に保障し、それを守ることではないのだろうか。公明正大な大義や国家や宗教という存在の前ではちっぽけなことかもしれないけど、人々のささやかな幸せや夢があってこその国家や宗教ではないのだろうか。トルコやバングラやイラクのテロのニュースを見て、日本の選挙の投票日にこの国の行く末を案じていたら、こんなことを考えた。


 今のホムスの街。バスの乗り継ぎのため何度かバスターミナルに立ち寄っただけの街だけど、バスターミナルの人たちがみんな笑顔で親切だったことは覚えている。特に切符売り場の若い兄ちゃんが親切で、身振り手振りを交えたアラビア語で切符を売ってくれて乗り場の説明をしてくれたのが印象的だった。

 ハマの今の映像は見つからなかった。ただ、ハマは1982年に反政府勢力が弾圧された虐殺事件のあった街なので、今回も徹底的に破壊されているだろう。中東では珍しい水車が名物の美しい街だったのだが・・・。

P8220539.jpg
 当時私が撮った水車から川に飛び込むハマの子供たちの写真。この子たちは今頃どうしているのだろうか。政府軍、IS、反政府勢力、難民。どんな道を歩んでいるにせよ、幸せに暮らしているとは思えない。そもそも、生きているのかすら分からない・・・。
posted by Tets at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック