2015年07月08日

京都観光と病院

 大阪の高槻で用事があったので、そのついでにちょっとだけ京都観光をしてきました。

IMG_0330.jpg
 嫁は金閣寺と清水寺には行ったことがあるので今回は銀閣寺に。やはり行くまでは嫁は金の代わりに銀が貼ってあると思っていたようです。私は確か3回目。ロケーションも含め、金閣寺より好きです。

IMG_0336.jpg
 続いて永観堂。京都の寺社の中で私が一番好きな寺です。もちろん紅葉の季節が最高ですが、雨の中の新緑の永観堂も趣があって良かったです。

IMG_0342.jpg
 んで、哲学の道を歩いて南禅寺へ。かの有名な三門の上での一枚。ここからの眺めも私のお気に入りです。つか、南禅寺も三回目ぐらいなんですが、ずっと「三門」ではなくて「山門」だと思っていました・・・。恥ずかしい・・・。

 ランチは三条河原町の豆雅傳という豆腐屋が経営するお店で。京都に来たらかなりの確率でここで食事をします。京都で高い金を出せばいくらでも美味しい豆腐料理を食べられるけど、ここほどリーズナブルな値段で美味しい豆腐料理を食べられるお店はないと思います。

IMG_0346.jpg
 私は生ゆば丼セット。湯葉も美味しいですけど、かかっているダシの味がもう絶品です。東京じゃこの味は絶対に食べられないですね。

IMG_0351.jpg
 嫁は豆乳鍋セット。豆乳のスープが美味すぎて、私がほとんど飲んでしまいました。

IMG_0322.jpg
 ちなみに、前日の夜は三条の老舗喫茶店、からふね屋珈琲店で嫁はパフェを食ってました。200種類以上あるパフェの中から嫁が選んだのはクマのパフェ。

 で、午後は高槻の大阪医大付属病院へ。入院している祖父の見舞い。92歳の祖父はつい3週間前まで体に全く異常はなく、一人で電車に乗って出かけていた。が、ある日突然倒れて、病院で検査をしたら、全身に癌が転移していて手の施しようのない状態だったらしい。2日前までは起き上がって自分で食事もできていたらしいけど、私が行った時はもう力なく横たわるだけで、喉につまらせる危険性があるということでこの日から食事もストップされてしまいました。言葉を発する気力もないみたいだけど、意識ははっきりとしているので私と嫁のことはわかるみたいでした。

 92歳まで生きて、つい最近まで元気に出歩いていたんだからもう十分でしょう、と祖父の娘である私の母や叔母や私はあっけらかんとしたものなんですが、嫁だけが、「去年会った時はあんなに元気だったのに」とか、病院から一人で家に帰る祖母を見て「一人で家にいるお祖母ちゃんが可哀想」とか、一人で涙ぐんでいました。お見舞いに行くのも私一人で行くからと言ったのに、嫁は自分も行くと言ってきかず、仕方なく一緒に連れて行ったくらいです。まだ健在な彼女の祖母が同じ境遇になった時に、自分がそこまで悲しめるかなと思うと、こういう優しい人と結婚してよかったなと思いました。

 おまけ。

IMG_0352.jpg
 嫁が買った京都土産。普通に京都駅で売ってました。吉本興業の「面白い恋人」は訴えられたらしいけど、これは大丈夫なのか?
posted by Tets at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422023456

この記事へのトラックバック