2009年10月14日

北の国から '09 帰郷

 札幌滞在は10日ぐらいだけのつもりだったのに、気がつけばもうすぐ一ヶ月です。それもこれも従姉の家が快適で居心地がいいからです。ぶっちゃけ、実家よりも居心地いいですもん。これまでにも二回長期滞在しているので気を遣う必要はないし。従姉とその旦那も「好きなだけいてくれていいからね。なんなら正月までいたら」と言ってくれているけど、さすがにそうもいきません。ということで、明日札幌を離れます。

 フェリーで東京に行って、妹や弟、知人に会い、それから東海道を歩いて実家まで帰ろうと思っていたのですが、金と時間の都合で予定を変更してフェリーで名古屋まで一気に行くことにしました。今年中にちょっとやりたいことがあるので、東京行きはまたの機会にします。

 札幌滞在の最後だった今日はとある本屋に行ってきました。わざわざ20分以上も地下鉄に乗って行ったのは「くすみ書房」という札幌では有名な本屋さん。以前は札幌の西区の琴似という所にあって私もよく行っていたのですが、最近中心部を挟んで反対側の大谷地という所に移転したんです。

 この本屋は「なぜだ!?売れない文庫フェア」とか「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」といった独特の企画をやっていて、本屋好きの私にはたまらなく魅力的な本屋です。在庫数はそれほど多くはないのですが、できる限り本を「面」で並べていて、そのチョイスも個性的で面白いんです。文芸書は当然ながら学術書のチョイスも絶妙で、普段は見向きもしないのに思わず手にとって読んでしまうんですよね。今日もただどんな風になっているのか見に行っただけなのに、店内で2時間近くも過ごしてしまい、最後には新刊書を2冊も買ってしまいました。

 PA140012.jpg
 札幌に来てから買った本とマンガの山。左の2つが文庫本で右がマンガ。ほとんどは古本屋で買ったものですけどね。まだ1/3ぐらいしか読んでません。これ全部持って帰るのは大変だなぁ・・・。

 ちなみに、小6の従姉の娘に読ませようと思ってマンガをいくつか買ってきたのですが、彼女が気に入ったのは『よつばと!』と『ハチミツとクローバー』。『よつばと!』では大爆笑していましたし、『ハチクロ』は「はぐちゃん、かわいい〜」と言ってました。

sake2.jpg
 この前散歩に行った琴似発寒川で鮭を見ました。コンクリートで固められた都会の川なのに鮭が上って来るんですよね。

sake1.jpg
 コンクリートの川の中で流れに逆らって必死に泳ぐ鮭。子を残そうとする鮭の執念を感じました。
posted by Tets at 21:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい本屋だなぁ!
何か面白い本あったら教えてくださいな。

社会派の本とか(^^;

やっぱ『よつばと』は少年漫画ですか?
Posted by とおる at 2009年10月16日 17:53
社会派の本はないかなぁ・・・。
明治〜大正期の日本の小説とか旅関係の本とか、
キリスト教とか古事記とかそんな本を最近読んでるわ。

『よつばと』は一応少年マンガかな。
日常をちょっと変わった目線から見つめていて、
個人的には結構好きなんだよね。
Posted by Tets at 2009年10月18日 21:41
くすみ書店!!
引っ越したのは知ってたんですが
行けてません〜。
市内にいる私よりTetsさんの方が早いとは。
不思議なものです。
娘が新型インフルかかったり・・・
バタバタしてました。
もう、帰っちゃたんですね。
残念・・。
Posted by 青空 at 2009年10月20日 18:31
くすみ書房いいですよ〜。
私が日本で一番好きな本屋かもしれません。
行ったら我慢できずに本を買ってしまうのが問題ですが(笑

札幌はインフルエンザ流行っているみたいですね。
従姉の娘の学校も学校閉鎖になっていました。
流行はしばらく続くそうなのでどうかお気を付け下さい。

そうそう、オータムフェストですれ違ったのが別人で残念でしたね。
また近いうちに札幌に行くつもりなので、
今度こそ本当にすれ違えたらいいなと思います(笑
Posted by Tets at 2009年10月22日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック