2015年06月10日

この世界の片隅に

 眠れないので酒を飲む。ここ半年ぐらいずっと精神状態は不安定。時々無性に鬱になることがあり、そういう時は眠れない夜が続き、嫁に当たり散らす。最低なヤツだと自己嫌悪に陥りまた酒を飲む。ずっとその繰り返し。

 仕事は3ヶ所の現場を掛け持ちしている。一番近い所で片道1時間半。遠い所で片道2時間。朝5時前に起きて、スーツを着て、電車に乗って、仕事に通う。一日10〜12時間、通し勤務の時は24時間、休憩なしでぶっ通しで働いて、家に帰ったら飯を食って寝るだけ。よく眠れない状態が1年以上続いているので、毎日眠くて死にそうで、電車の中でもずっと眠る。眠れなくても目をつむって寝ようとする。本を読みたいけどそんな集中力がない。中国語を勉強したいけど、参考書を開く気力もない。ただ、電車の中で時間だけが過ぎていく。この半年は本を一冊も読んでない。この1年は映画を1本も見ていない。人生を無駄にしているとつくづく感じる。

 仕事では3つの事業所で総勢約250人のおばちゃんたち(全員の顔と名前を覚えてるのがちょっと自慢)を管理する今の仕事は嫌いじゃないけど、会社が嫌、職場が嫌、そもそも働くという行為が嫌。使えない部下の尻拭いをし、バカ社長のご機嫌を伺い、ムカつくホテルの社員を相手にひたすら頭を下げ、上司や同僚の悪口や愚痴を延々と話し続ける人たちと毎日一緒に仕事をすることが耐えられない。人を貶めることを言って自分に何の利益があるのか?私には理解できない。でも、それをヘラヘラ笑いながら聞いて、時にはその会話に参加しなければいけない自分が嫌だ。

 金も時間もないので遊びに行けない。この半年で友人と飲みに行ったのは3回だけ。職場と家との往復だけで時間が過ぎていく。このまま何もできないまま、ただ金のためだけに、生活のためだけに働いて、年老いていくのか。私がやりたかったことはこんな事じゃなかったはずだ。でも、自分が本当に何をやりたいのか。それがわからないから、ただ流されて生きている。

 以前池袋にあったウイグル料理店で働いていたウイグル人の女の子が言っていた。「東京の人はみんな疲れている」と。若い頃は絶対そんな生活は嫌だと思っていたけど、私もあれほど嫌っていた人たちの一員になってしまった。

 酔い覚ましにベランダに出ても東京の空に星は見えない。風も感じられない。もうすぐ旧暦の5月4日。星が見えて、海からの風を全身で感じられた伊江島ではハーリーがあるけど、今年は行けそうにない。南米に行きたかったけど、たぶん一生行けそうにない。チベットにもカラーシュにも、パミール高原にも、グルジアにも、イタリアにも、もう一度行きたかったけど、今の生活では二度と行けそうにない。自分はこのまま東京から一生出れないのかもしれない。

 この世界の片隅に私の居場所はあるのだろうか?

 とりあえずこうの史代のマンガを読みながらベッドに入ってみる。眠れるかどうかわからないけど。
posted by Tets at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

ゆーかさん

IMGP0189.jpg

 また知り合いが亡くなりました。以前よく通っていた永田町のドイツ料理店の看板娘で、スキニメイジというバンドでボーカルをやっていた女の子。まだ20代だったはず。店の常連だったおじさん達のアイドルでした。お酒の好きな女の子で、一緒にお酒を飲んだ時もおじさんたちのくだらない話に真面目に付き合ってくるとても優しい女の子でした。

 とても可愛くて健気で、とても歌が上手い女の子でした。店で働いている姿しか見たことがなかったので、初めてライブで歌う姿を見た時はその歌の上手さに驚きました。売れ筋の音楽ではなかったので有名になることはなかったけど、もう少しポップなものを歌っていれば絶対にもっと売れていただろうと思います。

 最近は彼女と全然会ってなかったので、それがとても悔やまれます。人はいつか死ぬ。だからこそ今この一緒にいる時間を大切にしなければいけないと身にしみて感じています。

 ゆーかさん、明るくて、優しくて、可愛くて、歌が上手なあなたのことがみんな大好きでした。もう一度、みんなで一緒にお酒が飲みたかったです・・・。

IMGP0187.jpg
posted by Tets at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする